事例紹介

平成28年度 平成の御車山制作業務 完工

<工事名>平成28年度 平成の御車山制作業務

<工事期間>平成28年4月1日~平成29年3月31日

<仕様>
全体外形/全長 8,700㎜  縦 3,006㎜  横 5,894㎜  重量(推計)約2,700㎏
制作物件/心柱:白木 柱巻:桜紋様に梅鉢紋  高欄・長押金具:鋳物と彫金金具

<修理概要>
心柱(木工)/平成28年4月1日~平成29年9月22日
①構造確認及び重量、強度の調整 ②鉾留細工 ③心柱加工 ④花挿し・籠芯・籠受け・胴縛り制作

心柱(漆工)/平成29年8月15日~平成29年9月22日
木部完了後、塗りを施した

柱巻(繊維)/平成28年5月2日~平成29年2月24日
①生地、刺繍等の選定  ②生地決定、発注 ③柱巻の長さ、折り返し位置の確認 ④梅鉢紋刺繍の確認
⑤縫製等作業  ⑥製作完了、監修

高欄錺金具(金工)/平成28年5月2日~平成29年3月31日
①金具模様決定 ②鋳物金具の原型作り、彫金金具サンプル製作 ③鋳物金具の鋳込み作業 ④仕上げ
⑤箔押し ⑥取り付け

布裏錺金具(金工)/平成28年5月2日~平成29年1月23日
①金具模様決定 ②脂出し作業、切断 ③箔押し作業 ④取り付け作業

長押、幕押(木工)/平成28年5月2日~平成29年3月31日
①木材乾燥、木取り ②加工、仮組 ③組立(漆工作業終了後)

長押、幕押(漆工)/平成28年5月2日~平成29年3月25日
①木地調整 ②下地付け ③塗り、仕上げ(呂色上げ)

長押、幕押(金工)/平成28年5月2日~平成29年3月25日
上幕押
①金属板の切断、加工等 ②打ち出し加工 ③色金技法による彫金(各パーツの金属に関しては下記写真に添付)
下幕押
①千鳥打ち出し加工(四分一の材料で、脂出し技法で制作) ②波紋様打ち出し加工(銅板を脂出技法で制作) ③金箔張 (金メッキ後、金箔張りを行い箔止めし、完成。)

地山箱(木工)/平成28年5月2日~平成29年3月31日
①木材乾燥、木取り、図面確認 ②加工、仮組 ③長押等の製作の為、制作者へ引渡し ④長押等製作者より引取り、仕上げ作業 ⑤床板製作、組立、取り付け

記録写真

<< 一覧に戻る
 
Copyright (c) 2009 高岡地域文化財等修理協会 All Rights Reserved.