修理概要

繊維部会

繊維部会では、袢天・獅子カヤ(胴幕)・幕・のれん等の製作を行っています。

染めに関しては、高岡友禅と言う伝統的な手染め技法を用いて染めます。高岡友禅は、紅・紺・黄・緑の深みのある染色が特徴です。

修理内容によって変わりますが、その町に受け継ぐ古物の模様・色・形を元に制作していきます。染めは、複雑な曲線部分やぼかし・色調整・どの部分から染めていくかなど失敗が許されない仕事多く、後半の上挿し(最終の筆入れ)や水元(布を染め終えた後に糊部分を洗い流す)の作業は、熟練した職人技が必要とされます。

繊維部会 修理概要イメージ

下絵写し・のりおき

特殊な半透明の紙に見本の獅子カヤの上に置き写し、その後、布の上に置き本写し。
下絵写し・のりおき

本写し

写した柄の上に防染の為ののり置き。
手のり置き 手のり置き

手のり置き

手のり置き

染め付け

刷毛を使って色を塗る。
地染め 挿し 挿し

地染め

挿し

挿し

上挿し

色の上に色を重ね塗りする。
上挿し 上挿し

上挿し

上挿し

水元・縫製

染め終えた後に糊置きの際に付けた糊を洗い流し、すべてのパーツを縫い合わせる。
縫製 縫製

縫製

縫製

 
Copyright (c) 2009 高岡地域文化財等修理協会 All Right Reserved.